読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈をこねてもいいじゃない

承認欲求を満たすためにブログ書いてます

飲み会でのサラダの取り分けについて

日記 その他 ネタ ジェンダー

サラダの取り分けやお酌は、社会に出た時に、女性が進んでするべきことであるという風潮は残念ながら今も文化として根強く残っている。

ただ単に、生まれた性別が女性である、それだけの理由で。

ツイッターでも、時々この話題で盛り上がっているが、以前から個人的に思うことがあるので、今回はそのことについて書いていきたい。

 

最初この話題を聞いた時に、女性だからということではなく「私」個人としてサラダを取り分けたいと思った。

 

私個人は、別にお酌をすることもサラダを取り分けることも嫌いではないからだ。(下手だけど。盛り付けたものに文句を言いさえしなけりゃですが。ついでにいうと相手から「ありがとう」さえ言ってもらえりゃ普通に好きなのだ。)

だから、若干、差別?とかとやかく言われるのが嫌いと言う思いもある。

 

それと同時にただ単に生まれた性別が女性だからという理由で、サラダの取り分けやお酌を強要される文化には強く反対する。

 

基本的にサラダを取り分けたりするのは、余裕がある人がやれば良いし、なんならできる範囲で自分の分は自分で取り分けても良いんじゃないのかと感じてる。

少なくとも、サラダを取り分けないことやお酒が来ないことに文句をいう奴は文句をいう前に、他の人よりも先に「サラダがないな」とか「飲み物」がないなと気づいていることがあるんだから、その人が率先して動けば良いのではと感じてしまう。

そうすれば、文句をいう人のご機嫌を一々うかがう手間も省けるし、進んでやってくれた人の印象が良くなると思うからだ。

 

基本的に、サラダの取り分けとかお酌は気づいたら気づいた時に進んでやる。それでやってもらったら「ありがとうございます」とお礼が言えれば良いのだ。

強いて言えば、誰かにその役割をずっと押し付けるんじゃなくて手の空いた時に「代わりますか?自分やりましょうか?」と声をかけることが出来たら100満点である。

この考えは多分社会に出てからも、60歳を超えて定年が間近になり後輩だらけになっても変わらない。きっと。

 

じゃあ、サラダの取り分けとか、そんなん気にしなければ良いじゃんと言われるかもしれないけど、二点ぐらい細かいことだけど気になることがあり(怒ってる?)ブログを書いている。

 

一つ目は、ほんの一部の人だけだと思いたいが、(多くの場合)女性に(新社会人とかもだけど)、常にサラダを取り分けさせたり、お酌をさせたのにも関わらず、「ありがとうございます」を言わない人がいるということだ。

 

しかも、多くの場合、「年輩の男性」らしいのだ。

別に、自分からサラダを取り分けないのはいいのだ。飲み会で一人ぐらい動かない人はいつもいることだし。

それが偶々その人だってこともあるから。

しかし、どのような人にしてもらったとしても、せめて、人からやってもらったことに対しては「ありがとうございます」はいうべきだと思う。

決して「してもらって当然」という態度では

お礼は、その人がいくら偉い立場になったとしても、「男性」だからとしても(「女性」だとしても)やるべきことだと思う。仕事だからとか、コミュニケーションだからとしてよりも人と付き合う時の最低限の礼儀として。

 

二つ目は、「女性」だから、サラダの取り分けとかお酌とかが出来ないと「気の利かない奴」とレッテルを貼られてしまうことだ。

(新社会人にも同じことが言えるけど)

 

個人的に、基本的にサラダとかは暇な奴が取り分けるか、自分の分は自分で取れよって奴です。だからどうでも良いって思われてるかもしれない。

だけど、少なくとも女性だから、サラダを取り分けたりお酌をするのが当然であるという考えには反対だ。

それに、男性でその考えを唱える人には反論したいし、他の女性にその考え方を押し付けたくない。

 

また、飲み会で私が気の利かない行動を取った時に、「女性だから」と一般化して、「気の利かない奴」と言われるのが嫌いだ。

別に私個人を非難するのはどうでも良い。

事実私は気の利かない方であり、誰かに指摘されたり助けてもらわないと出来ないことが人よりも、沢山あるからだ。

でも、私が気の利かないのは女性だからというよりは「私」個人だからである。

多分「女性」だから出来ないわけではない。

そもそも「女性」と言っても、男性と同じようにサラダを取り分けるのが得意な人、機転が効く人もいれば、私のようにそのようなことが苦手で指摘されないと気づかない人もいる。

そもそも、サラダを取り分けるのは義務ではないんだから、やれと言われない限り、やりたくない人もいるでしょう。

そもそもサラダの取り分けとかお酌なんかはやりたい人が気づいた時にやれば良いし。

 

そもそも、大体の飲み会や懇親会ではそうやって動くのが好きな人が一人はいるんだからその人に任せれば何とかなる。そもそも、酔っ払って潰れて動けない人もいるわけだし、動かなかったり動けない時があってもそれは「お互い様」である。

それでも飲み会が上手くいかない時はその時に、必要なことだけを把握して動けば良いのだと思う。結果オーライみたいな。

理想論だけど、本来なら、飲み会や懇親会はそんな感じに気軽に出来たら良いものだと思うから。

 

 

最後に、繰り返しになるけど、私は「私」だからサラダを取り分けたい。女性としてではなく「私」個人として。

それと同時に、女性だからサラダを取り分けるのが当然だという考え方には反対だし、その考えを唱える人には反論したい。もっと言えば、「女子力♡」と結びつけるのも嫌なのだ。

 

 

追記:⑴ブログの中にちょこちょこ書いたけど、これ「女性」のところを「新社会人」とか「サークルやゼミの後輩」と置き換えても成り立つ内容かもしれない。大学3年になって上の学年になったりゼミの下っ端の学年として色々感じたこともあり今回のブログを書くきっかけとさせていただいた。

 

⑵もちろん最近のゼミやサークルの飲み会では自分よりも歳上の男性の方が積極的に動いてくれる飲み会もたくさんある。ここに、書いてあることなんか当てはまらない飲み会だったり、私自身色々な人から配慮してもらってることも多い。

でも、それと同時にブログに書いてあるような感じに近い飲み会に出たこともあり、ずっとモヤモヤしていて(でも中々言えなかった)のでここで書いてみた。

あんまり身近な人を非難するのは好きではないから、なんか申し訳ないなという後ろめたさもある。

 

⑶ちなみに今回のブログの元となった自分のツイートを貼っておきます。

https://twitter.com/a_brass3241/status/801796602725707776

 

 https://twitter.com/a_brass3241/status/801799035258404864

 

https://twitter.com/a_brass3241/status/801799035258404864