読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈をこねてもいいじゃない

承認欲求を満たすためにブログ書いてます

【お知らせ】これからは暗い話題も明るい話題も書きます

題名通り、最近少しだけネットで話す内容を変えてみました。

 

それに関係してツイッターのアカウントも@a_brass3241という新しいものに変えました。

今度のアカウントでは、RTこそはするけれども以前よりも「AC」や「機能不全家族」について中心的に呟く回数は少なくなると思います。

ましてや、大したことはないけれど、自分の生の体験を呟くことはもっと少なくなると思います。

 

実は、以前のアカウントは、3年以上慣れ親しんだものでした。

そこでは、いろんなことを知りました。

「AC」という言葉も、「機能不全家族」という言葉も、そこで初めて知りました。

フォロワーさんから沢山の温かいメッセージをいただきました。

大学に入るまでは、自分と同じ境遇の人なんていないんだ、いつも独りぼっちなんだ。誰にも理解されないんだってずっとずっと感じていました。

でも、ツイッター上では、自分と似たような環境の人が沢山いて、自分と同じように、「日常生活」の中では、誰にも言えない苦しみを抱えている人が、私が気づいてなかっただけで、沢山いることを知りました。

その人たちとは直接会ったことはないけれども(ないからこそ)、沢山励まされました。本当にありがとうございます<m(__)m>

 

でも、あそこのアカウントに依存しすぎることで、「日常生活」の場でどんどん自分が自分でなくなっていく気がして怖くなったんです。

無理して、自分を形作って、必要以上に「何かを抱えている自分」を演じている感じでした。

ネットでは、必要以上に「ふつう」でない家庭環境を悲観してばかりいて、「可哀想な自分」を演じていました。

※ツイートしてる内容は、嘘じゃないんです。私の家は母子家庭で、父親アルコール依存症で、私は高校3年まで親から体罰を受けていました。

(ただ、バイアスがかかっていました。大学生にもなって全部自分の主観でしか、ものを見れなくて、勝手に自分の中でイライラして勝手に自分の中で喚いていました)

 

だけど、普段の私は、誰にも言えないことを多く抱えているけれども、それと少し周りから浮いていることを除けばどこにでもいるクズな大学生です。

暗いことも呟けば、馬鹿みたいに1日中明るい気分でいる日もあります。

趣味に没頭してる日もあれば、テストに追われている日もあります。

面白いテレビについて語っている日もあります。1日中暗い気分で布団から1歩も出れない日もあります。

 

私は、暗い部分と明るい部分の両方を持ち合わせている「どこにでもいるような奴」です。

「どこにでもいるような奴」が本当の私です。

だから、今後は本当の私を失わないようにツイッターをはじめネットの中で呟く話題を考えていきたいなと感じました。

 

以上グダグダなお知らせでした☺