読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈をこねてもいいじゃない

承認欲求を満たすためにブログ書いてます

虫刺されとアザと「目に見える傷」

AC メンヘラ 病み 暗い

数日前に、虫に刺され腫れた部分が治らずまだ残ってる。まるでアザみたいに。

 

放っておけばアザは消えるけど、消えるまで目に見える形で残ってる。
この時、どこかにぶつけたか、誰かに叩かれて出来た傷みたいだなって思った。
 
そんなアザみたいな虫刺されを見ると、私の中で昔の記憶がフラッシュバックしてしまい少しだけ憂鬱になる。
 
実は、昔から親の言うことを聞けない(=理解できない)時に、母親から良く叩かれた。少なくとも一発ではなく、数発から数十発は殴る叩く蹴るなどの体罰を受けていた。←だからビンタとか甘くねと思ってしまうんだけど。
悪いことをした時だけだから、日常的にではないけど半日常的に。
 
時期は小学校入る前から一人暮らし始める前までだから大体高3ぐらいまで?
私がズレてなければ、他の家より体罰を受けた回数は多いと思う。
 
正直、叩かれる自分が悪いのはなんとなくはわかるけど、どうして悪いことをしたのかという理由はずっとわからなかった。
なぜ自分が悪いかわからないかわりに、叩かれている時、頭が真っ白になった。ただただ痛いとしか思えなくなった。
 
高校生ぐらいになる時には、親を怒らせるようなことをした時、自分が叩かれるタイミングを少しずつつかめるようにもなった。
 
叩かれてる時、段々何も感じなくなった。いや、正確には心の中で感情をずっとずっと押し殺してきた。
 
ーあっ、そろそろ叩かれるな。あまり痛くないと良いな。早く終わってほしいな。痛いなんて言っちゃダメだ私が悪いから。悪いことしたんだから叩れるのは当たり前だよな。痛いと声をあげてはいけない。だけど、誰か止めて。せめて止めなくてもいいから叩くお母さんも悪いって言ってよ。本当は痛いんだよなんで叩かれてるかわからないよ…(ry ーみたいな
 
 
私はテレビに出るような重大な虐待は受けてなかった。命に別状のあるような体罰もなく(でも、首締めは何回かあったっけか)、そして周り
の目からみて明らかに虐待と言われる証拠もなかった。
何より叩かれた時に、アザや打撲痕のような「目に見える傷」ができなかったのだ。
 
そして、元々兄弟が多いし叩かれてる時、声を上げないようにしたから、周りの人から親からの体罰について聞かれることもなかった。
その結果、私が受けてきた体罰は家族(親)以外誰も気づかないままである。
「目に見える傷」がなかったから私が今まで受けてきたことがないことになっている。残酷だ。
 
そんなことがあり、私は親から叩かれてた時に「目に見える傷」ができれば良かったのにと時々考えてしまう。
もし、私に「目に見える傷」があったら
誰か、友達や先生やその他の人を通じ、
児童相談所の人に私のことについて伝えてくれるかもしれない。
「目に見える傷」が証拠となって、悪いのは私だけじゃないと言ってくれる人が見つかる可能性だってある。
だから「目に見える傷」が欲しかった。
 
私は別に、親と離れて暮らしたいわけではない。
ただ、誰かに私の親がした体罰がやりすぎだということを親に説明して欲しかった。
そして、私を叩くのをやめて欲しかった。体罰は嫌だ。嫌だというより怖い。今でも、誰かを本気で怒らせたら叩かれるのではという恐怖心の中で生きている。そんぐらい根深い。
 
私が、児童福祉の仕事をしたくて、特に大学時代のうちに児童相談所バイトをしたい理由は、アルコール依存症で母にDVをした父親以外にも、こんな理由があるのかなとか思ってしまった。
テレビで取り上げられるような虐待でなくとも、助けを求めてる人がいるのではないか。だったらその人達のために何かしたいみたいな☆ねっ!